• CRZKNY

サニーデイ・サービスとCRZKNY、再び。

最終更新: 2020年11月21日


もちろん今回は公式で。


久々、サニーデイリミックスです。とはいえ2016年の初リミックス以来、年1くらいの間隔で何かしらで絡んでいただいてるので(原爆コンピに曽我部さんも参加してくれてたり)なんだかんだで、今回も最高案件だぜ。。。


最初の会場限定REMIX盤から数えて、共作や公式ブート合わせるとなんと5度目(戦争反対音頭は勝手にリミックスなので除外💦)のサニーデイ・サービスからのご指名ということで、目出度いリリースのご報告です。


5作目のお仕事ということで、もうそろそろサニーデイファンの皆様も、CRZKNYの名前を覚えていただけたんじゃないでしょうか。そうだといいなぁ。


とはいえ、毎回豪華すぎるリミキサー、製作陣に囲まれて、本当に


「何故、、、俺はここにいるんだろう。。。楽しいからいいけど....」


と完全場違い極上万華鏡博覧会の中で、一人『処刑軍団ザップ』の例のやつ的にマチェーテを握りしめながら涎と唸り声をあげて参加している、私。


個人的な制作秘話としては、今までのサニーデイワークの中で一番難しいお題を曽我部さんから投げられたと解釈(回を重ねるごとにハードルが上がっていく、、、)した今回の「センチメンタル」。もう、輝かしすぎるほどの青春ソングの、青春時代を暗黒に過ごしすぎてこれがデフォルトでは?という盛大な勘違いの元、青い春のダークサイドを抽出、心のブラックホール全開で制作したので、かなり、今回も、完全自由に、やり散らかしました。


とはいえ、ファンの方々に比べて、私は曽我部さんの思考や思惑は未だに片鱗くらいしか掴めてないですが、曽我部さんがフルスイングで投げつけたサウンドのその片鱗を血が出るまで握りしめて吐き出した『センチメンタル -V-V-V- REMIX』、確実に良い作品になってるので、ファンの方もそうでない方も、皆様、是非、聴いて、慄いていただきたいです☺️


各種ストリーミングは11月25日より。

CD、2LPでの販売はツアー初日の12月22日より会場先行販売。


VIOLENCE, VOMIT, VOID!!!!!!!!!!!!!!


気鋭のアーティストたちがリミックスしためくるめく世界。サニーデイの新たなる代表作を劇的に進化させたリミックス・アルバム『もっといいね!』完成!


新ドラマーとして大工原幹雄が加入し、再び3人体制となったサニーデイ・サービスが2020年3月に発表した13枚目のアルバム『いいね!』。

幅広い層からの熱い支持を受け、バンドの新たなる金字塔となったこのアルバムに加え、先行シングルとしてリリースされた名曲「雨が降りそう」を、現代日本最高のアーティストたちがリミックス。ドラマティックかつ鮮やかに再構築されたサニーデイの世界はまるで周波数を未来に合わせたラジオ・ステーションのよう。シンプルなロックンロール集という趣の『いいね!』は、様々なアーティストたちの愛と遊び心と実験精神を迎え入れ、新しい世界へと旅立つ。これはある意味リミックス・アルバムを超えた、彼らの最新アルバムとも言えよう。

『もっといいね!』Track List

1. 春の風 Remixed by Hiro “BINGO” Watanabe

2. コンビニのコーヒー Remixed by 田島ハルコ

3. エントロピー・ラブ Remixed by tofubeats

4. 心に雲を持つ少年 Remixed by Mom

5. OH! ブルーベリー Remixed by imai

6. 春の風  Remixed by どついたるねん

7. 雨が降りそう Remixed by Young-G

8. 春の風 Covered by Hi,how are you?

9. ぼくらが光っていられない夜に Remixed by Dreamcastとマーライオン

10. 時間が止まって音楽が始まる Remixed by butaji

11. センチメンタル -V V V- Remix Remixed by CRZKNY

12. 日傘をさして Covered by 曽我部瑚夏

13. 雨が降りそう 2 Many Raindrops Remix Remixed by 岸田繁

ダウンロード・ストリーミング:2020年11月25日配信開始 https://linkco.re/YYTrAGQ7

CD・2LP (*ともに限定プレス):ツアー初日12月22日より会場限定先行販売開始